« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

渋ちんです

日時:8月15日(水) 9:30~14:30
場所:栃木県那珂川 烏山大橋
釣果:8尾(15~18cm)

今日はうちの神様の実家総出のキャンプがあります。そこで子供たちに鮎のつかみ取りをさせてやろう、ということで、天然鮎を釣りに来ました。もちろん、その後は塩焼き。
参加人数は10人ですので、ツ抜け目標です。

朝は私にしては早めの9時半開始。オトリは3尾1000円で購入です。
事前に、烏山大橋付近は良いとの情報を得ていましたが、オトリ屋のおやじさんの話では、水が詰まりはじめたので、あんまり、ということ。ポイントを聞いて橋の下の荒瀬に入ります。

すると、すかさず1尾!ちょっと抜きを失敗して振り子抜きになってしまいましたが、幸先良い!!

ところが、今日も渋い!次が続きません。
周りでも入れ掛かりの人はいません。ポツポツです。
ここでは色々動きましたが、結局午前中3尾の貧果。うー!ツ抜けできないかも

昼を食べたあとは、堰の下のトロへ。でも、掛からない。時間が迫る!あせる!

さらに下の小さい瀬肩へ。ここでダメならオトリを追加して会場へ行こうか、でも、3尾1000円だから、もう1つくらい釣らないと合わせて10にならないな~。あ、オトリを買うときはどうやって釣れてないのをごまかそうかな~

なんて考えていると、目印が上に吹っ飛ぶアタリ!やった!オトリを買い足せば10尾だ!

ところが、ここでなんと怒涛の6連荘!オトリを入れると10秒しないうちにポンポン掛かります。
あっと言う間に9尾になりました。

10尾目はハリス切れで逃し、ハリを換えて送り出し、待つことしばし。
やっと来た!10尾目!これで胸をはって合流できる~!
と、安心しすぎて、キャッチミス!掛かり鮎は取れましたが、付け糸が切れてオトリがパー!!またもや9尾に戻ってしまいました。

急いで仕掛けを換えて送り出すと、しばらくしてアタリ!

ところがところが、今度は0.175のナイロン水中糸がプッツリ!ひえ~!!8ツに戻っちゃったよ~!!
ちょっとパーマになってたんですが、気にせず使ったらこの始末。仕掛けはちゃんとしないとダメですね。

この後仕掛けを換えてはじめるのは時間的に無理。ということで終了としました。結局、11尾掛けても舟に残ったのは8尾となってしまいました。

いきなり釣れ始めたのは、時間か場所か?よく分かりませんでしたが、それまで何やってたんだろ~?と反省の一日でした。

今年の釣果:151尾/15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

準優勝です!!

日時:8月11日(土) 7:30~12:00、13:00~15:00(時間はうろ覚え)
場所:神奈川県中津川 田代運動公園前~戸倉地区、角田大橋上下
釣果:9尾、7尾(13~20.5cm)

今日は、いつものオトリ屋さんの釣り大会です。
6時半に角田大橋上に集合、懇親釣り大会とは言え、参加者30名、結構な人数です。

漁協の方の挨拶、店主の挨拶の後、オトリ配布を開始。そのまま午前中の予選開始です!

上流が馬渡橋まで、下流がぼっこれ橋までと広いエリアでしたが、ほとんどの人は本部の近くで釣っていたようです。
私は歩いて田代運動公園のいつもの瀬へ。朝が早いので、いつもの瀬肩が空いています。ここでは必ず2~3尾は取れるので、最悪でもここでオトリを確保、釣れ具合によって移動しようかな、という算段。

まずは、期待通りに5分もせずに1尾。ほんとならここでさらに1~2尾入れ掛かりになるはずなのにしばーらくアタリがありません。調子悪~
でも、何とか少しずつ移動しながら、ここで5尾を確保。瀬の中ではなかなかの型が2尾出ました。もったいなかったのは、チビ鮎を2尾ばかり空中分解させたのと、大鮎を1尾身切れでさよならしてしまったこと。この大会は、大物賞はもちろん、小物賞まであるんです。面白い!

さらに下の瀬落ちのトロに行くと、大会に出ている方に遭遇。まだ3つとのことですが、鮎はいっぱい跳ねてるとのこと。さっきの瀬肩でもそうでしたが、どうも鮎の追いが悪いのか?
ここで4つ追加。またもやチビ鮎を2尾くらいバラシましたが。

それからちょっとずつ下っていきましたが、追加はなし。全体的に調子が悪そうなので、予選は通過できたかな?という感じでしたが、それにしても渋い!!

検量後、いろんな方に話を聞くと、やっぱり釣れてないみたい。最近はまずまずの釣果が続いていただけに、あれっという感じです。
お陰様で、なんとか予選は通過、昼はオトリ屋さんで用意してくれたおにぎりとキノコそば、漬物など。満腹になりました。

とにかく暑いので、昼休みは長めにとって、午後の決勝スタート!
懇親大会なので、決勝に進めなかった人も大物賞・小物賞を狙って一緒にスタートです。もちろんオトリ付き!

決勝のエリアは、旧平山橋下から仙台頭首工上まで。エリアが狭くなった分、釣り人の密度が高くなりました。

私は、最初角田大橋下の瀬からスタート。でも、どうもぱっとしない。
最初の1尾はカジカちゃんでした。
そして、ガツン!とものすごいアタリで、ダーっと下って、上げたのは26~27cmくらいのウグイ。こりゃダメだ!ということで、橋の上に移動。一応、ウグイは引き舟に入れときました。

橋の上の平瀬は、対岸がよく出るはずなのですが、ここもダメ。さらに上へ。

みんな上流の瀬にかたまってるみたいで、なかなか入る場所がなく、ようやく一人分のスペースをみつけて釣り開始。下で釣っている人はまずまずのペースで掛かってます。でも、この人だけです、釣れてるの。

私にもようやくここで1尾来ますが、オトリにしてもあんまり泳がない。
なんとかだましだまし釣って、2時半、いきなり良いアタリ!そこからなんと6連荘!!ここからが時合いみたい。でも、大会の時間切れ。後ろ髪を引かれながら終了となりました。

午後も渋い釣りが続き、オトリ込みで9尾では入賞は無理かな?と思ってました。

ところが、「同数が3人いるから、『じゃんけん』な~」と声が掛かりました。え?入賞できるの?
その通りでした。優勝は込み11尾でしたが、2番目の成績が9尾、これが3人いるとのこと。じゃんけんで決定というのも、懇親大会らしくていいですね。

気合を入れてじゃんけん!なぜかこちらも実力伯仲!10回以上のあいこ合戦の末、準優勝を勝ち取りました。ま、じゃんけんですけどね。

参加費4000円でしたが、オトリ4尾、昼食、そしてこの後のバーベキューも付いて、しかも全員景品がもらえて、すごくお得でした。
賞品は、盾、引き舟、オトリ屋のオリジナルシャツ、水12リットル、などなど。さらに、持ち帰ったウグイで外道賞のナスまでもらっちゃいました!
ちなみに、大物賞は21cm、小物賞は9.5cm。午前中にばらしたやつらを取れていれば・・・

楽しい大会でした~

今年の釣果:143尾/14日(1日平均ツ抜けを回復いたしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

最初が難しい!

日時:8月5日(日) 15:15~18:00
場所:神奈川県中津川 仙台下(ぼっこれ橋下の瀬)
釣果:11尾(10~18cm)

今日も快晴です!が、出釣は午後から。
昨日は、某場所で30出たそうです。オトリ屋さんの水槽には、昨日掛かったという鮎が泳いでましたが、型は21cmとはいえ、幅が広い!こんなのが掛かったらさぞ楽しいでしょうね。

オトリ屋で「ぼっこれ橋の下に行ってみな」ということだったので、今年初めての仙台下へ。

もう3時過ぎなのに、まだまだ人がいます。ぼっこれ橋の下の瀬も20mおきぐらいに入ってます。
空いているポイントに入って、瀬の中にオトリを入れます。
が~~~~~~~~~~~~!
アタリません!
1時間ほど、な~~んもなし!

ようやく掛かった!と思ったら、オチビ。しかも、空中分解・・・

それから10分。ガクン!と変な感触。根掛かりかなと思ったんですが、竿を絞ると上に動きます。???いきなりすっと軽くなって、抜けてきたのはカジカちゃん。

今日はエビが多くて大変でした。いつもは水中糸ナイロン0.175号、ハリス0.8号、ハリはアステアタイプ2の6.5号の4本錨がベストの組み合わせなんですが、鮎が大きそうなので、水中糸は0.2号に、それから釣具屋にアステア6.5号が無かったんで、別の6.75号のハリを4本で使ってました。ハリスは1号でも0.8号でも関係なくエビになりました。何がどうなってるのか??
そんなわけで、オトリは2匹とも弱っちゃいました。浮いては来ないけど、どんどん下ります。

しょうがないので、オモリを付けて泳がせます。ここまで、すでに1時間半。これで釣れなきゃ今日はボウズかな?と覚悟。

で、ようやく、ようやく、来ました!アタリと同時に上流に走る目印!!18cmのお手頃な鮎ちゃんでした。
ここからしばし入れ掛かりタイム。30分で6,7尾掛かりました。

楽しい時間は長くは続かないもの。それから対岸に渡ってバラシ2尾の後、数尾追加したものの、アタリはどんどん遠くなりました。
またまた
エビになったところで終了としました。

Nakatsu0805 帰りに時間が掛かって薄暗くなったので、画像が粗くなっちゃいました

今年の釣果:127尾/13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

熱い海でした

日時:8月4日(土) 10:30~16:30
場所:熱海海釣り公園

今日は、鮎じゃなくて、熱海でのんびり堤防釣りです。
うちの神様が熱海で開かれた講習会に参加するというので、一緒に行って温泉小旅行です。私は講習会には参加しないので、暇つぶしに海釣り。

オニギリを買って、クーラーに飲み物を入れて、いすを持って、安売りの竿を持って、海へ。
本当はシロギスを釣りたかったんですが、もちろん今の季節は海水浴客が多くて断念。大堤防に雑魚釣りに向かいます。

何年か前に熱海に来たときは、大堤防は自由に出入りができて、釣りも出来たんですが、なぜか大堤防に入るには料金が掛かるようになってました。テトラ周り狙いのつもりだったんですが、がっかり。

釣具屋さんで聞くと、「イワシが釣れますよ」とのこと。う~ん、まあ、いいか。

サビキを竿にセットして、ドポン!
真夏なのに、海に来てて家族で堤防釣りする家族も多いんですね。5,6家族が釣りを楽しんでました。

でも、釣れません。クーラーに入る魚で私が見たのは、女の子がカゴ釣りで釣ったサバだけ。
私にも魚は釣れますが、ほとんどネンブツダイ。午前中はいすに座りながらダラーッと釣ってましたが、昼を食べてからちゃんと立って釣ってみました。
結構、コマセに寄ってくる魚は多いんですね。ほとんど5cmくらいのメジナですけど。

と、堤防際でまずまずの型のカワハギを発見!急いでオキアミを買いに行って、際の底でのカワハギ釣りに転向。これが当たった!見事カワハギをゲット!

Atamikawahagi こんなんですけど・・・

勿論、放流。

Atamifune今日の大物!!

ちなみに、午後から釣り人が増えたアオリはかなりアタリがありました。釣れてきたイカは結構な良型。ここはほとんどヤエンの釣りのようで、アタリがあってもなかなか取れないようでしたが。

温泉は良かったですよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

大芦で鮎釣り?

日時:7月29日(日)  8:00~12:15???
場所:栃木県大芦川 ヒラナメ、大芦川自然クラブ上
釣果:さっぱり

昨日の夜は、大芦川自然クラブに宿泊し、インストラクターや仙人さん、ととじいちゃん達と楽しく夜を過ごしました。かな~り飲みすぎました。後半はあんまり覚えてないんですが、仙人さんの秘蔵の酒まで引っ張り出して飲んでしまったようです。
酔っ払いすぎる前に、仙人さんにポイントを教えてもらい、「朝飯前に行ってみたら?」と勧められましたが・・・

朝は寝過ごして、確か7時ごろに目覚めました。
自然クラブの前でやろうとしていたところに、クラブのNさんがやってきて、「下の方で鮎が溜まってる場所があるから、そこでやってみな」とアドバイスしてくれました。仙人さんから「午前中はここら辺をやって、午後行ってみたら?」と言われ、そうしようということで、各自歩いて周辺を釣ることになりました。

私はいつものヒラナメへ。淵には鮎が数尾見えますが、その下の平瀬を釣ります。

が!5分ほど竿を出したところで、昨日の酒がバック!立って釣ってるのが大変なので座ってたんですが、とうとう竿をしまって川原でごろ寝。

・ ・ ・

どれだけ時間がたったことだろう・・・

時計を見ると、11時を回っております。気分はだいぶ回復しました。
急いで竿を伸ばし、平瀬を探りますが、対岸の木に糸を引っ掛け、プッチンプリン!ひゃー!

午後は下流に移動するはず。どうしても上流の良い鮎が釣りたい!ということで、昼ちょっと前に竿をたたんで自然クラブ上の瀬を目指して移動。
クラブの前でインストラクターのSさんと会いました。そろそろ昼だから、ということでしたが、私はもう少し釣りたいので、川へ。

でも、掛かりませんでした。15分くらい竿を出したところでが一発!竿をしまって昼飯を食べに自然クラブへ。

と、あがってみると、Yさんが着替え中。少し雨が降ったから着替えているのかな?と思ったら、タイツではなくてジャージをはいている?クラブの中を見ると、みんなタイツを脱いでいるではないですか???午前中であがるみたいです
今回は車1台で来ているので、一人だけ釣るわけにもいかず、私も着替えてから仙人そばをいただきました。

ということで、完全に不完全燃焼で終わってしまいましたとさ
8:00~12:15ってなってますが、実質の釣り時間は1時間くらいです。
いや~、ペース配分間違った!釣りも酒も

今年の釣果:116尾/12日(ついに!1日10尾をわってしまいました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

場所間違った!

日時:7月28日(土)  12:30~16:00
場所:栃木県鹿沼市粕尾川
釣果:8尾(15~23cm)

今日と明日は、神奈川県釣りインストラクター連絡機構 鮎部会の合宿釣行会です。今回の参加者は5人。毎年大芦川自然クラブに泊まって、二日間大芦川で釣るのが恒例ですが、今年は他の川でも釣りたいという意見があって、ちょっと前まで調子の良かった粕尾川で釣ることになりました。

厚木の道楽亭鮎狂さん宅を6時に出発予定でしたが、遅くなって6時3分、インストラクターのYさんの車とすれ違い、なんとか同乗できました。遅れてすみません・・・

少々の渋滞はありましたが、10時前には粕尾川に到着。まずは大芦川自然クラブの仙人さんに紹介された鈴木商店へ。若女将さんに川の状況とおすすめポイントを聞いて、まずは川見に出発。午前中はあまり数が出ないそうで、「午後からでも十分ですよ」とのこと。

ここで、ある事態が判明!粕尾地区にもコンビニがあるかと思って弁当を買ってこなかったのですが、上流には弁当を売っている店がないそうなのです。え~!

釣り場は、若女将さんには上流部を勧められ、仙人さんには事前に下流部を勧められていました。とりあえず上から下まで見てみて、ついでに下で弁当を買おうということになりました。

結局、かなり下流まで下がって、コンビニで弁当を買い、川をあちこち見て回って、オトリを買ったのが昼頃。ガソリンスタンド前の橋にポイントを決め、昼を食べて川に立ったのが12時半でした。

Kasuo01 Kasuo02 

先週までの粕尾川は結構釣れたらしいのですが、最近ここに入り浸っているCyberAyuClubのオサムさんによると、めっきり釣れなくなったとのこと。CyberAyuのメンバー数人からやめといた方がいいという電話をもらうほどの状況のようです。

そんな感じでした。
オトリを泳がせても、どうも追われる気がしない。川は黒いのですが・・・
で、中に入って石を見ると、黒い石はハミアトじゃなくてアカ腐れみたいな感じ。ハミアトはあんまり見かけません。
なんてチェックをしてると、なんとなく竿が重くなり、下流を見てみるとオトリの下に何か付いてるみたい。鮎でした。
尻掛かりだったんですが、側線に掛かったらしく、ハナカンを通すとぐったりと横になります。当然オトリになりません。しばらく粘ってしまい、無駄な時間を過ごしてしまいました。

この川は連日攻められているみたいで、竿抜けポイントを探さないとなかなか・・・という若女将の言葉を思い出して、上流へと放浪の旅に出かけます。
少し上で釣っていたSさんは大きな魚に竿を絞り込まれていましたが、ヤマメだったそうです。鮎はあまり反応がよくないとのこと。

そのポイントの上で、ボサの下や電線と電線の間など、狙いにくいところをやってみますがピリッとしません。

ずーっと上流に移動して、ようやく県道から降りづらい大石のポイントに到着。

Kasuo03

はじめはオトリがなじむまで時間がかかりましたが、1尾18cmの鮎が掛かると、それから入れ掛かり!!しかも大型!!淵なので、すーっと上る目印が一気にすっ飛びます!!!放流河川とは思えないほどのアタリと引きを6連荘!!!!!!その後アタリがストップして、10分後くらいに1尾追加。
さらに色々誘ってガツン!でしたが、ためているときにバレてしまいました。
最後は、対岸の木の下を狙っていると、なぜか糸がふわっ。ハナカンが外れてる・・・大きい鮎だったのに、残念!

結局、9尾をタモに収めながら、舟に残ったのは8尾。
でも、強烈なアタリと引きを、解禁の那珂川以来堪能いたしました。
もう少し早くこの淵に来ていれば!場所選びは難しいですね~

Kasuo04 本日の釣果
少な~!

今年の釣果:116尾/11日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

早く濁りとれないかな~

日時:7月22日(日)  14:00~18:00
場所:神奈川県中津川 角田大橋上、漁協前
釣果:6尾(13~18cm)

まだまだ台風4号の影響が抜けきらない中津川です。
なんと、ダムの貯水量が少ないため放流量を減らし、さらに底水放流のため濁りがきつい状況。普通なら諦めるところです。

が、なぜか中津川はそこそこ釣れます。こんな流れに慣れちゃったんですかね?

オトリ屋さんの情報では、仙台堰堤下がよく釣れているとのこと。でも仙台下は人も多いからパス!
角田大橋の上の瀬に入りました。

ここも結構な人が入ってますが、まだまだ余裕です。
余裕があるってことは、鮎もまばらなんでしょうか?全然掛かりません。
一尾目は、流芯のアカの状況を見ようと川に立ちこんだときに、たまたま掛かった一尾。アタリすら分からず、あげてみると、なぜか元気がない。ハナカンを通すとコテッと横になってしまいます。
ここではさらに1尾を追加しただけ。1時間くらいで移動することにしました。

今日は、nanjarokaさんが鮎とヤマメを狙いに漁協前に来ているはず。でも駐車場に停めてnanjarokaさんを探しますが見つかりません。仕方なく一人で釣ることに。
今回は、いつものトロではなく上の瀬尻に入ってみました。
ちょっとずつ移動して、1つ追加。
さらに上に移動して、瀬の落ち込みの流芯を釣ろうと瀬脇のたるみに劣オトリを入れますが、弱くて浮いてしまいます。ちょっと糸を張って奥に出そうとしたら、なんだか弱々しく下流に流されます。おかしいな?と思って竿を上げてみると、鮎が付いてました・・・この鮎が餌を食べてないみたいなやせ細った鮎。なんだか可愛そうですが、オトリになってもらいます。
で、同じように瀬脇のたるみに入れると、オトリが浮いてるのにグルグル!っていうアタリ!!なんで??
よく分かりませんが、とりあえず2尾追加。その後は続きませんでした。
さらに上に移動して1尾追加。
この1時間で4尾釣りましたが、夕方になるとどんどん濁りが増してきて、それっきりでした。

F1000024

今年の釣果:108尾/10日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »