« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月16日 (月)

ミスった!

日時:7月16日(月)  13:30~16:00
場所:神奈川県中津川 漁協前
釣果:5尾(14~18cm)

昨日まで台風で、日曜の川は真っ茶色。夕方に宮ケ瀬湖を見に行きましたが、上流四分の三が笹濁り、下流四分の一がやや茶色。今日は釣りができるのかいな?と半ば諦めていましたが、朝の9:30にCyberAyuClubのnanjarokaさんから電話があって、笹濁りくらいだからやってみる、とのこと。続報を待って出かけることに。

そして、nanjarokaさんからの続報は・・・
「あったらでいいけど・・・来るときミミズ買ってきて~!」
??これは、釣れないってこと?

釣り場に着いて状況を聞くと、4つとのこと。一応は釣れるみたいなので、私もオトリを買って釣りをすることにしました。

ところが、オトリを買おうとオトリ屋まで、出か~けた~ら、財布を忘れて、愉快な鮎三郎!家まで千円取りに帰りました・・・

仕切りなおして、釣り場に着いたのが一時間後の1:30。ミミズは近くに売ってなかったので、nanjarokaさんも鮎釣り続行です。さっきは4つだったみたいですが、この1時間で5つ追加して9つになったそうです。
今日は静岡から同じCyberAyuのうっかり八兵衛さんも来てるそうなので、初めてですが携帯に電話。なんと、12,3も釣ってるみたい。さすが!

水は笹濁りというよりも茶濁りですが、釣れてるんですから、よく分かりません。

私も仕掛けをセットして釣り開始!の間に、nanjarokaさんはツ抜け!

で、10分くらいで、私にもアタリが!トロなので、なかなか上がってこなかった鮎は、18cmの良型。しかも黄色い!こんな鮎が台風の後に釣れるとは!!

ここから入れ掛かりを期待しましたが、ポツポツという感じ。デカいのの後に小さいの、その後にデカいの、と交互に釣れます。
14:30までの1時間で5尾と、この水ではまずまず。

ここでちょっとだけ欲を出して、瀬でいい鮎を掛けようかな?と上流に移動したのが間違い。一時間ボウズでした・・・

元のトロに移動して、順番通りに小さい鮎が釣れましたが、その後は・・・

対岸で目印が吹っ飛ぶアタリ!がありましたが即底バレ。
さらに、グググー!っと強い引きの後、プッツリ。で終了。

移動した1時間が悔やまれるところです。ちなみに、下で釣っていたnanjarokaさんは20を軽く超えていたみたいです。

今年の釣果:102尾/9日(ようやく100を超えました)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

抜かれた後でした・・・

日時:7月1日(日) 14:30~18:00
場所:神奈川県中津川 田代運動公園前
釣果:7尾(12~20cm)

今日は朝寝坊で、午後からの出動です。昨日は低水温であまり釣れなかったみたいなので、きょうは反動で釣れるかな?しかも、昨日釣りしてたnanjarokaさんによると、田代に放流したみたいだし。なんて期待して出かけました。

田代の運動公園に着くと、20~30人くらいの釣り人が集まって、なにやら表彰式のようなことをやっています。どこかの釣りクラブの例会かな?
その横を通り抜けて、野球場脇、流れが国道にぶつかる上の瀬に入ります。

なぜか、釣り人がおりません。100m以上上流のところに2、3人ほど。ラッキー!
と思いましたが、30分アタリなし。しかも強風で釣りにくい。
最初のオトリがだいぶへたってきました。オトリ交換して送り出すと、対岸のヘチでグリングリン!上流からの風で、抜くのに苦労しましたが、タモにおさまったのは12cm以下のチビちゃん。オトリにはなりそうにない。
そのまま泳がせますが、またしばらくアタリもなく、次に来たのは12cmくらいの鮎。でも、今度は目にぐっさりハリが刺さって即死状態。なんだか釣れる気がしないので、下の瀬に移動。

いつものように、対岸のヘチ狙いですが、やっぱり、パッとしません。
色々と泳がせて、ようやく来た!
でも、道糸が岩の下に入ってしまったみたいで、ぎゅーっと張り付いて上がってこない。竿を手前に戻したり奥にやったり、ようやく竿が立ち、目印が下流に動きだします。今度は下流からになった強風に耐えながら引き抜くと、なんと、カジカ!うわ~!

オトリはぐったりです。私もです。

でも、これから釣れる時間帯。対岸のヘチでは鮎が跳ねはじめてます。絶対釣れる!と思って、上から下がってくるおじさんの圧力にも耐えながら、粘ります。
すると、ようやく、ぐるん!やっとこさ、鮎だ!

その後、すぐに1尾追加。さらに入れ掛かりで1つ。ですが、これは途中でバレ。で、続かなくなってしまいました。

後ろから「さぶちゃん!」の声。振り向くと、CyberAyuClubの竹父でした。竹父の話を聞いて、この渋い状況に納得。
なんと、地元の名手が集まる釣りクラブの大会の後だったようです。攻めまくられた後に入ってたんですね。うひゃ~

それでも、竹父に魚が残ってる場所を教えてもらい、2つ追加。結構型のいい鮎でした。放流鮎がたまってる、ってことでしたが、背びれがあぶらびれまで伸びたいい鮎でした。

F10000132_1

まあ、大会の後に釣って7つも出れば御の字でしょうか?でも、やられたな~

今年の釣果:97尾/8日(昨日の書き間違い(/7尾)は、今日の予告だったか!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事件です!

日時:6月30日(土) 12:30~17:00
場所:山梨県 桂川水系
釣果:6尾ですが・・・

本日は少しだけ遠出して、桂川の支流にやってきました。春にこっちに遊びに来たときに、見た目が良かったので是非来てみようと思ってたのが実現です。

橋の上におじさん三人、その下流300mくらいのところに一人、さらに50mくらい下に一人、その下には渓流釣りの人が一人。見渡す限り、これだけの人です。このご時世にのんびり釣りができる雰囲気は貴重です。

私は、おじさん三人と下流のおじさんの間の平瀬に入ります。情報によると渇水状態とのことで、水深は深くても膝くらい。水はきれいですが、きれいなだけに鮎がいないのが丸見え。30分くらい泳がせますが、目印はピクリともしません。
F1000005
少しずつ下に移動すると、堰堤の下のトロで釣っているおじさんは良いペースで掛けています。上のおじさん三人組もさっきから動きません。狙っているのはやっぱりトロ。水が動いていないので、鮎も動いていないんだな?と、橋の上の淵に移動しました。

 

 

3分くらい泳がせますが、反応なし。今のうちにポイントの写真を撮ろうと携帯を取り出すと、来た!13cmくらいのおチビちゃんですが、澄んだ水の底でグルングルン!写真の鮎が、この川のお初の一尾です。
F1000004 

 

 

 

そして、下の写真がそのポイント。掛かった後に撮影しました。
F1000003

 

 

 

 

ここでしばらくいいペースで掛かります。しかも、まっ黄っ黄のきれいな鮎です。気持ちいい!
F1000002
まだまだ鮎がいるのが見えますが、雨が降ってきて掛かりが悪くなってきました。淵でカーブしていてその先が見えなかったので、確認のため行ってみます。

 

 

淵のすぐ上は平瀬になっていて、その上は渓流相のいい雰囲気です。ヤマメ釣りにも良さそう。
さて、元気なオトリちゃんに頑張ってもらいましょうか。
と、引き舟の水を切って・・・

うが~~~~!!!
フタが閉まってなかった~!引き舟を逆さにしたので、水がじゃばじゃば。そして、さっき釣ったいい鮎もじゃばじゃば!!すぐに気がついて戻したのですが、舟に残ったのは養殖鮎2尾と、チビ鮎2、そして目にハリが刺さって即死の鮎1尾・・・そろそろツ抜けかな、ってとこだったのに。ちゃんとフタを押さえておけばよかった。いやいや、面倒がらずにちゃんとタモの中にあければよかった。ガーン!!

気を取り戻せないまま、オトリをつけて、目の前の平瀬へ。すぐにガツーン!17cmくらいのまあまあの型でしたが、さっきの事件が悔やまれます。

それから、少し上も探りましたが掛からず。また平瀬に戻って2追加。淵に戻って1尾追加。雨のせいで薄暗くなってきたので終了。

引き舟に残ったのは6尾。逃がした鮎たちも入れれば12,3は行ってたと思います。はぁ~

今年の釣果:90尾(自分に厳しく申告します)/7尾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »