« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月11日 (日)

雨の日曜日

金曜の天気予報では、土日とも晴れ間が出るとか・・・

ウソつけ~!せっかく日曜を待ってたのに、朝から雨。

朝一は、夫婦で朝市。10Km弱離れたスーパーまでお買い物です。ここがすごく安い!卵Mサイズですが、10個68円!キャベツ1個100円!秋刀魚1尾50円!その他モロモロ。かなりお気に入りのスーパーなんです。9:30からの開店で、9時15分くらいに着いたら、行列してました。

帰ってきて、雨が止むのを待ってましたが、全然やむ気配なし。仕方がないので、12時30に家を出発。本日も地元中津川です。

オトリ屋に着いたら、「何~!?やるの~?」まさか午後になって来るとは思わなかったみたいです。でも、土曜日は釣れたとこでは31尾!そろそろ追い出してきたのかな?角田大橋上でも、3時間で8つ釣れたみたいです。

オトリ屋でウーロン茶をもらって、釣り場へ。まずは、我が家の裏。家に車を置いて歩いて釣り場へ。0.05号のターボV、ハリはタイプII6.5号の三本錨、マジックハリス1号。オトリを川に入れると、すぐ、川の中でキラッ!ウソ、掛かった!12cmくらいのチビでしたが、家の裏で釣れることが判明。チョイ釣りができて、これから楽しみ!

しかしその後は続かず、早々に田代運動公園下の瀬へ。何人か釣り人がいましたが、みんな流心を狙っている様子。私はまっすぐ瀬の流心へ。

オトリを入れるのではなく、私が入ります。で、狙うは対岸のチャラ。昨年解禁当初に入り、入れ掛かりした場所です。今年も釣れるんでないかと根拠のない期待を持ってまっすぐに突っ込みました。鮎は結構跳ねてます。

一発目!オトリの動きがおかしくなったので竿を立ててみたら付いてました・・・

いつもならこれで終わりですが、さらに2つ追加。こんどは15cmでなんとかオトリ になるサイズ。5尾目は全く反応もなく、サカ針チェックで上げたら付いてて驚きました。そんなチビちゃんなので、引き舟に入れることもなく放流。

6尾目もすぐ来ましたが、タモを抜くときに、ベルトに付けていたゴミ入れが落ちてしまい、気をとられていたら受け損なっちゃいました。

バラすと後が続かなくなります。これっきりで、チャラでは出ませんでした。

それから流心を攻めてみましたが、ガツンといういいアタリだけ。

最後に、瀬の真ん中、落ち込みの上の棚を泳がせていると、ガリガリっというアタリとともに、目印が上へ飛びます!来た!なかなか浮いてこないが、ためていると手前に寄ってくる。近すぎて抜けなかったので、少し流して抜こう。なんて考えて、鮎に余裕を与えたら、急に走り出し、対岸へ。そして、流れに乗って、そして、0.2のツマミ糸が、切られました・・・

あれは鮎ではない!絶対に!背中が一瞬見えたけど、ちょっと茶色かったもん・・・今の時期、いくら中硬の竿とはいえ、あんなに浮いてこないわけがない。絶対ハヤだ。ハヤであってくれ~

結局、掛かったのは6尾+1。引き舟に入ったお持ち帰りは4尾。

消化不良ですが、中津川も多少は良くなってきた感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

どうしちゃったんでしょ?

こりずに三たびの中津川です。
今日は、昨日跳ねのあった漁協前のトロ。朝10時からの入川です。
現地でCyberAyuClubのnanjarokaさんと合流。釣果は保証できないよと言われて、分かっとります〜、って答えてきたそうです。
釣れないはずの中津川なのに、漁協前は何故か人が多い。ま、釣れない割にはって程度ですが。
昨日と同じトロに入り、釣り開始。でも釣れませんでした。
オトリは、昨日買ったオトリの1匹と、釣ったうちの1匹。釣った方はよく泳いでくれたんですが、掛かりませんでした。
11時30分に上がって、途中でオトリを追加。消防グランドへ。ここで昼食。今日も愛妻弁当です。
午後はグランド前のチャラへ。
ここも鮎の跳ねとキラキラが見えます。はじめて10分、目印がフラフラ。掛かってます。スポッと抜いたのは12cm。平均サイズです。
このおチビちゃんにオトリになってもらいましたが、ほどなく元気がなくなり、また養殖くんにチェンジ。
しばーらく掛からない。
泳がせでは掛からないので、オトリを下に送って引き釣りに変更。沖にズンズン進むと、急にスピードアップ。そして、ギューン!
最初はまた小物かと思ってナメていたら、引く引く!思わず腰を落としてタメると、ズボッと抜けてきました。20cm強!
でも、ここまで。下の瀬をやってみたり、対岸に渡ってみたりしましたが、反応なし!2時45分に終了。
本日も2つでした。

これまで貧果に泣いていたので、中津は鮎がいないのかと思っていましたが、今日川に入ってみると、結構いるんです。小さいヤツらが。ギラギラと群れになって石を舐めてます。ただし、トロトロの場所。まだ瀬に入れるほどの大きさじゃないみたいです。
多分、今年は雨が多く日照不足で新アカが付かず、また大雨で大増水することもないので、不味い古いアカが残って腐ったり緑藻がはびこったりで、エサがなく、成長できていないだけなのでは?
川の状況が改善されれば、成長した鮎たちが沢山釣れるような気がするんですが、どうなんでしょうか。
川の状況が改善されれば、ですが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

解禁3日め

昨日の朝まで、週末は晴れの予報だったのに、朝はちょっぴり小雨。
今日は10時から入川です。
オトリ屋さんにどこが良いかと尋ねたら・・・「どこも釣れないね〜」漁協の釣果情報も、二ケタなし。ホントに解禁か?
まずは、魚が見えるという仙台頭首工下へ。
魚を水に慣らしている10分間、見える範囲の8人の竿は、一向に曲がらず。やはり。
メインの瀬の上のタナに入りましたが、全くピリっともせず。水が冷たいので、オトリがよくもつ。それだけでした。2時間やって、ボ・う・図。
愛妻弁当がやけに美味かった。
トロトロと車を走らせながら、お次は漁協前のトロ。ここも人が少ない。時間は午後1時。
オトリは少し弱っていたのですが、ここにきてまた元気回復。よく泳ぎます。
でも、なかなか掛からない。
しかしやがて、跳ねがはじまると、水中でキラキラ。鮎がいる!
ちょっとやる気が出て、一生懸命泳がせていると、石裏のたるみで泳いでいたオトリが何故か流されはじめる。あれ〜?と思って上げてみると、鮎が付いてました・・・
12cmくらいあったので、ハリスを短くしてオトリになってもらいます。
すると、すぐに、きらっ!来た!
でも、
おチビちゃん。
後で写真だけ撮って川に返しましたが、写真から図ってみると7cm。さすがにこの子はオトリにならないので、今のオトリにそのまま継続して泳いでもらいます。
すると、またすぐにきらっ!入れ掛かり!?のはずでしたが、外れちゃいました。それからは、またもやオトリが泳ぐだけの時間。
3時に終了まで、本日は2っつでございました。
Koayu
こいつが7cmちゃん。
イッチョマエに鮎の香りがしました。
目も怒ってます。大きくなって帰ってこいよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

本業解禁!

待ちに待った鮎釣り解禁です。
今年はちょっと気合いを入れて4時起き。
奥様が朝飯を作っておいてくれたので、それを食べて出掛けます。
オトリ屋さんにご挨拶。今年は放流が成功したと思ったけれど、いつのまにかどこかに行ってしまったみたいで、5月30日に宮城県産を追加放流したそうです。今年はいろんなところの鮎を入れているみたい
豚汁をご馳走になって、出発!
まずは平山橋の上。昨日下見をしたときには、分流には小さいのが団子になっていたんですが、本流では確認できず。馬渡でも鮎は見えなかったので、こんなものかと様子見で入ってみました。
やっぱり釣れず・・・。7時過ぎ、帰り際にコロガシのおじちゃんが話しかけてきましたが、コロガシでも全然釣れないって・・・
移動中、馬渡橋の上、愛川橋、ラビンプラザ裏などを見ましたが、竿が立つシーンは見られませんでした。
30日に放流した鮎は元気が良くて上に行ったということだったので、最上流部の愛川大橋へ。でも、ここはいつもの通り緑の藻がはびこっていて、全くアタリなし。釣り人も、私以外に一人だけ。寂しい場所になってしまいました。
それから角田大橋。ここは鮎の跳ねが見られます。よっしゃ!と気合いを入れて、まだ使っていなかった新品のオトリを付けます。こいつが入れた途端、川底でギラギラ。そしてジャンプ。よっぽど腹が減っていたのか、垢を舐めまくりです。
元気なオトリで、掛かりそう!と思ったら、来ました!1尾め!
でも、
小さい・・・10センチ未満でした。オトリにするのが可愛そうなので、そのままさっきのオトリに頑張ってもらいます。
でも、掛けたらなんだか元気がなくなって、それっきりピリともしません。また移動。
消防グランドをのぞいてみると、ここは若干石が黒くなってましたが、人もいっぱい。後で来てみようと思って、一番下の坂本へ。
人がいない・・・。私の他に二人だけ。オトリが2つとも弱っていたので、チビちゃんにハナカンをつけて泳いでもらいます。
これが良く泳いで、体力もあったんですが、ここでもダメ。昼になったので一旦終了。家に帰って昼をたべて2時半まで昼寝。
午後は消防グランドへ。オトリをおかわりして、入ります。
3時過ぎているのに、ここは人が結構います。釣れてるのかな?
そういえば、オトリ屋の話ではここが一番釣れてるみたい。でも、最高で14尾とか・・・
空いているスペースに入ってオトリを泳がせますが、あんまり。
すぐに強風が吹いてきて、操作しづらい状態に。なんだかな〜
他の人もポツポツ釣れているような感じで、私が見た中では2人が1つずつ掛けてただけでした。上へ下へと移動してみましたが掛からず、6時頃になってようやくガツガツっときたら、プチっと糸が切れて、終了。
散々な解禁でした〜!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真鯛は釣れる!

真鯛って、簡単に釣れるんですね〜。場所によりますけど。
その場所っていうのは、網代の
海上釣り堀「漁師小屋
関東ではめずらしい海の釣り堀です。
ここは、ファミリーコースとマニアコースがあり、我々が行ったファミリーコースはアジと真鯛を釣らせてくれます。
一人4000円で、アジ10尾と真鯛2尾までOK。そんなに簡単じゃないだろうと思ったら、釣れる釣れる!
200m沖にある釣り堀まで船で送ってもらい、最初に真鯛に挑戦。真鯛とアジはイケスが別々になってるんです。
3mくらいの普通の延べ竿にワイヤーのような太い糸。オキアミをハリにつけて、仕掛を投入。これが、ありゃっというほど簡単に真鯛が食いついて来るんです。小さいヤツほど食い気が強くて、二人で4尾はあっという間。真鯛って釣れる!
制限尾数になったので、アジのイケスへ。こちらはほどほどの食い気で、10尾釣るまでなかなか楽しめました。
実釣時間1時間半。思いの外楽しめる釣り堀でした。
Ryousigoya01
これが海上釣り堀です


Madai01 そして、これが真鯛。少し日焼けしてますが・・・


Tyouka01 本日の釣果。楽しめました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »