« 7/17,18那珂川でまずまず | トップページ | 訪球磨○行記その1 »

2005年8月 8日 (月)

7/1,9,10大芦川の鮎釣り

7月1日に解禁した栃木県大芦川の釣行です。

まずは、解禁の7月1日(金)
鮎釣りでは久々に3時半起き。4時には川に立ちました。
今日は大芦の仙人さんや仲間達と一緒に、大芦庵の上に入りました。夜明けと同時にオトリを泳がせます。
今年の解禁は渇水状態。川幅が2/3程になっている中での釣りです。
竿を出して少しして、今年初の大芦鮎のアタリ!水中でキラキラするだけのアタリでしたが、綺麗な大芦の鮎です。でもちょっと痩せた感じ。
平均15cmギリギリの小型鮎が、ポツポツと手前の緩い流れで掛かります。大きい沈み石の脇の少し掘れたところに鮎が溜まっていたようです。
でも、これまでの大芦の鮎と違って、誘って誘ってようやく掛かる感じ。入れてポン!というアタリじゃありませんでした。
飽きない程度に掛かっているところへ、酒臭いおじさんが割り込んできました。私と上にいる仲間との間10mもないところへです。私のオトリのすぐ上に立ち込み、対岸を狙ってます。うーん、邪魔!でも、私のペースはあまり変わりません。そのうち、下からもう一人おじさんがやってきて、7m四方のツボに3人が竿を出すという異常な状態になってしまいました。
それでもポツポツと掛かり、10時までに24尾。
昼を食べて、少し昼寝。午後は12時半から2時半まで、大芦庵の下に入りました。
なぜか昼休み後は釣れなくなってしまうんですよね〜。それでもポツポツと掛かって、上がりと決めていた2時半の3分前には、数は29尾になっていました。なんとか30釣りたい、と気合いを入れ直してポイントを見直します。すると、瀬の落込み手前のタナが釣れそうな雰囲気。すかさず移動してオトリを入れると一発!丁度2時半で丁度30。あまり爆釣の感じはしませんでしたが、ばっちりの釣果でした。

お次は7/9(土)。
プライベートで仕事関係の講演を聞いてから栃木に向かいました。途中で彼女の家で昼をごちそうになってから大芦に出発。着いたのが夕方5時ごろでした。
次の日は大芦川自然クラブのイベントで、鮎釣り体験になってます。ちょっと下見してみようかな、と思って、イベント会場のポイントへ。
先週とうって変わって、今日は増水!平水の時は河原があるのですが、普段河原のところがふくらはぎまで水があります。
緩い所から瀬の流心までオトリを入れて探ってみましたが、掛かったのは石裏の緩いポイント。6時半までで、2尾・・・厳しい!

7/10(日)は、自然クラブのイベント、鮎釣り体験です。クラブ会員の方に竿を持ってもらって、できれば鮎を釣ってもらうというイベントです。
ところが、数日前の雨で増水中。水量が多くてオトリの扱いが難しい上、水温が下がってさらに釣りにくい状況。教える側もなかなか釣れないという状態になってしまいました。
それでも2,3尾を釣り上げる人もいて、皆さん楽しめたようです。
私は彼女にアドバイスしながら自分でも竿を出しましたが、2つだけ。
今日もツ抜けーずでした!

ここまでの鮎サブログ公開釣果:
71尾/8日

|

« 7/17,18那珂川でまずまず | トップページ | 訪球磨○行記その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/1,9,10大芦川の鮎釣り:

« 7/17,18那珂川でまずまず | トップページ | 訪球磨○行記その1 »